[PR]

取材考記

 新型コロナウイルスの感染拡大で株価が大幅に下落した。1月20日に2万4千円台だった日経平均株価は2カ月後には1万6千円台まで下がった。今年の株式市場はもともと「米中貿易摩擦と中東情勢が落ち着けば、先行きは明るい」と予想されていた。そこに東京五輪・パラリンピックが延期になるほどの災難が降りかかるとは、金融のプロたちも想定外だった。

 ところが、そんな株式市場もV字回復を見せ始め、6月に入って日経平均は2万3千円台まで戻した。とはいえ、国内外で感染拡大の終息は見えておらず、上場企業の業績予想も6割近くが白紙のままだ。なぜなのか……。

 経済部記者として東京証券取引…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら