[PR]

 新型コロナウイルスの国内感染者は10日午後9時現在、新たに38人が確認され、累計で1万7364人になった。死者は大阪府と福岡県で1人ずつ増え、計925人となった。

 東京都の新たな感染者は18人で、4日連続で20人を下回った。18人のうち感染経路がわからない人は8人おり、年代別では20代が7人と最も多かった。都は2日から感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート(警報)」を出していたが、11日にも解除できるかどうか検討する。

 北海道では5人が新たに確認された。名古屋市で感染が判明した10歳未満の男児は、7日にパキスタンから家族と帰国し、成田空港の検疫での検査では陰性だったが、再検査で陽性と判定された。大阪府の新規感染者は3日連続でゼロとなった。神奈川県でも確認されなかった。

【動画】東京都の休業要請解除の3段階のステップとは?