[PR]

 「みらいの はるかさんへ えの、しごとに、ついていますか?」。実家に保管されていたニンテンドーDSの電源を入れた24歳の画家が見つけたのは、9歳の自分からのメッセージだった。

 札幌を拠点に活動している画家の晴夏さん。油絵をメインに、水彩画やアクリル画、ライブペイントのパフォーマンスなども手がけている。

 今月4日、関東の実家に立ち寄った際にニンテンドーDSの電源を入れて、ゲームソフト「おいでよ どうぶつの森」を立ち上げた。

 最近、ニンテンドースイッチの「あつまれ どうぶつの森」をプレーしていることもあって、それぞれの違いが気になったからだ。

 画面に表示されたのは、約15年前の自分が、未来の自分に宛てて書いた手紙だった。

 「みらいの はるかさんへ え…

この記事は有料会員記事です。残り682文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り682文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り682文字有料会員になると続きをお読みいただけます。