[PR]

 東京都は11日、新型コロナウイルスの感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」を解除する方針を固めた。同日夜、専門家らによる意見を踏まえた上で最終判断する。関係者によると、都が段階的に進めている休業要請の緩和についても、12日午前0時に今の第2段階から、カラオケ店やパチンコ店などの休業要請を解除する第3段階への移行を視野に検討する。

 11日の都内の感染者数は22人だった。関係者によると、10日まで4日連続で20人を下回るなど、感染状況が比較的落ち着いてきていることなどを踏まえたという。ただ、11日の感染者は20人を超えており、都は同日夕に専門家の意見も踏まえて最終判断する。

 第3段階に移行すれば、パチンコ店や遊園地、ゲームセンター、カラオケ店、接待を伴わないバーなどへの休業要請を解除する。飲食店の営業時間も、午後10時までから午前0時に延長される。

 小池百合子知事は11日午前、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。