動物園のサル70匹が逃走 前回は台風、今回は金網切断

有料会員記事

吉江宣幸
[PR]

 昨秋の台風で約100匹のニホンザルが野放しになった千葉県富津市の高宕山(たかごやま)自然動物園でまた大量のサルが逃げ出した。園を所有する同市によると、春までに捕獲した約70匹が入るおりの金網が何者かに切断されたという。市は器物損壊容疑で警察に被害届を出した。

 園では約2400平方メートルの柵内で約100匹を飼育していたが、昨年9月の台風15号で大部分の柵が倒壊し、サルが野放し状態に。市は同12月、約420平方メートルの仮設おりを造り、今年4月までに約70匹を捕獲して飼育していた。

 同園は昨年9月以降休園になり、倒壊した柵の撤去作業などが続く。10日朝、作業員がサルが外に出ているのに気づき、おりの損壊を見つけたという。

 市によると、高さ約1メート…

この記事は有料会員記事です。残り298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら