[PR]

 100年前のインフルエンザの世界的大流行「スペイン風邪」は、日本国内で大小3度の流行(1918~21年)を繰り返した。第2波は死亡率が第1波に比べて4倍超にはねあがった。100年前の経験に、新型コロナウイルスの「第2波」に対する備えのヒントはあるだろうか。

拡大する写真・図版スペイン風邪流行時、マスク姿で通学する東京の女学生たち。1920(大正9)年1月11日付の東京朝日新聞から

 国内の第1波は、18年秋に本格化した。翌19年春までに感染者約2100万人、死者は25万人にのぼった(内務省衛生局編「流行性感冒」から)。感染者は4月もなお11万人を超した。だが7月は約1600人まで減っていた。

 しかし11月6日付の東京朝日新聞には《恐ろしい流行感冒襲来の徴(ちょう)》という見出しの記事が載った。

 「今春ようやく終息し市民も漸(やっ)と安堵(あんど)の胸をなで下ろした間もなく」「東京市を襲う兆候あり」

 「流行性感冒」によると、第2波は10月下旬ごろから本格化し、11月には全国に広がった。死者は20年1月に5万5千人、2月も3万8千人にのぼった。第1波で流行が穏やかだった地域ほど「激しき流行を来(きた)し」たとの記述もある。免疫の有無が影響したようだ。

■死者の割合5・29%に急増 …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら