[PR]

 DVDの国内累計販売数150万セット以上を記録し、2000年代に一大ブームを巻き起こしたフィットネスプログラム「ビリーズブートキャンプ(BC)」が、コロナ禍で再脚光を浴びている。令和版にリニューアルされたネット動画の再生回数が約1カ月で30万回を突破し、DVD化も決まった。

 BCは、格闘家のビリー・ブランクス氏(64)が、米軍の新人向け基礎訓練をもとに考案したエクササイズ。1日1時間以内のトレーニングを7日間集中的に行う内容だ。

 国内では06年にテレビ通販「ショップジャパン」で販売が開始された。ショップジャパンを運営する「オークローンマーケティング」によると、4枚組み約1万5千円という決して安くはない設定にもかかわらず注文が殺到。コールセンターのオペレーターだけでは注文に対応しきれず、別部門の社員の手も借りるほどの盛況ぶりだったという。07年までに150万セット以上を売り上げ、10年に国内販売を終了した。

 リニューアル版を配信するのは、オンライン上でフィットネス動画を提供している「LEAN BODY」(東京都)。新しいコンテンツを探していたところ、BCのリニューアル企画が持ち上がったという。昨年6月に米国在住のブランクス氏と交渉を始め、今年に入って撮影を始めた。コロナ禍でのヒットは偶然のタイミングだったという。

 同社の中山善貴社長によると、製作にあたってブランクス氏から「前回はハード過ぎて最後まで続けられない人も多かった。継続できるものにしたい」との意見が出されたという。事実、筆者の周囲でも購入者が相次いだが、内容が濃すぎて途中で挫折する人もいた。

 令和版では運動の強度を下げ、1回当たりの時間を30分に統一。L社の顧客層である20~40代女性のニーズに合わせ、全身運動ではなく、二の腕や尻といった部位ごとに鍛える内容で構成した。

 当初は夏ごろまでに配信を始め…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら