[PR]

 18世紀の京都で活躍した師弟の絵師の企画展「いちからわかる円山応挙と長沢芦雪(ろせつ)」が京都市右京区の嵯峨嵐山文華館で開催中だ。

 写生を重視し人気を博した応挙(1733~95)に対し、弟子の芦雪(1754~99)は画風を踏襲しつつも大胆で斬新な独自の作品を残した。今展は2人の作品44点を一部入れ替えながら前・後期に分けて展示、作風の変遷をたどる。

 応挙が得意とした孔雀(くじゃ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら