[PR]

 福岡県警は12日、女性に薬物を飲ませて暴行したとして、福岡市東区香住ケ丘4丁目、会社役員小原(おばる)光春容疑者(45)を、わいせつ略取と監禁、準強制性交等などの疑いで逮捕、送検し、捜査を終えたと発表した。中央署は、この事件の証拠品のSDカードを紛失。県警内部での盗難も視野に調べたが未解決のままで、SDカードも見つかっていない。関係者の処分もしないという。

 小原容疑者は昨年11月11~22日、福岡市内の10~20代の女性4人にそれぞれ睡眠薬を飲ませ、抵抗できない状態にしてホテルに連れ込み、性的暴行を加えたなどの疑いがある。

 SDカードには4人のうち1人の容疑内容に関わる画像が複数枚保存してあった。県警はこの女性に謝罪した。現時点で画像の流出は確認していないという。

 SDカードは小原容疑者の関係先から見つかった。署の捜査員が証拠品として保管庫にしまったが、今年1月中旬に紛失が判明した。保管庫は施錠されており、捜査員の出入りや証拠品の持ち出しには担当課長の許可が必要。昨年12月の点検では保管庫にあったため、県警はそれ以降に出入りした署員約100人に聞き取りをしたが、見つからなかった。

 刑事総務課によると、調査の過…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら