[PR]

 新型コロナウイルスの影響で第102回全国高校野球選手権大会が中止になったことを受け、北海道と東京都、福島、埼玉、長野、福井県の高校野球連盟は12日、独自の大会を開催すると発表した。奈良県高野連は1チーム1試合の対抗試合から方式を変更した。大会の詳細(①日程②球場③方式④抽選会)は次の通り。

 【北海道】①7月11日~8月11日②旭川スタルヒン球場など③10地区で大会を実施し、トーナメント方式の南北大会を行う④地区大会は6月29日以降、南北大会は7月9日

 【福島】①7月18日~8月7日②ヨーク開成山スタジアムなど③トーナメント方式④7月1日

 【埼玉】①8月8~23日(24日は予備日)②県営大宮など12球場③4地区の優勝チームが県トーナメントに進む④7月21日

 【東京】①7月18日~8月8日②ダイワハウススタジアム八王子など11球場③トーナメント方式の東西大会。東西の優勝チームは8月10日に対抗試合を行う④7月4日

 【長野】①7月18日~8月10日の主に土日祝日②長野オリンピックスタジアムなど6球場③トーナメント方式④7月3日

 【福井】①7月18日~8月3日②県営球場など2球場で調整中③トーナメント方式④7月1日

 【奈良】①7月11日~8月6日②佐藤薬品スタジアム③トーナメント方式④未定