天皇、皇后両陛下は12日、お住まいの赤坂御所(東京都港区)で、新型コロナウイルス感染症の拡大が保育士の仕事に及ぼしている影響などについて、大谷泰夫・日本保育協会理事長らから話を聞いた。

 大谷理事長によると、感染リスクがあっても、社会から求められ、児童を受け入れている保育園などの現場について両陛下に説明した。両陛下は「大切な仕事なので頑張ってください」とねぎらったという。

 両陛下はこれまで、子どもの貧困問題などに関心を寄せてきた。今回同席した厚生労働省の渡辺由美子・子ども家庭局長は、コロナ禍で起きている子どもへの虐待やひとり親家庭の問題について説明したという。渡辺局長によると、皇后雅子さまからは「毎年新しく保育士になる方は何人ぐらいいるのですか」などと、現場の実態について尋ねられたという。両陛下が感染症の対応について、専門家から話を聞くのは今回で6回目。(杉浦達朗、長谷文)