[PR]

 12日午後2時50分ごろ、横浜市港北区大豆戸町の環状2号線の路面が陥没していると、工事関係者から110番通報があった。神奈川県警港北署や横浜市などによると、片側3車線の道路のうち1車線と歩道の半分ほどが陥没した。穴の大きさは6メートル×6メートルほどで深さは数メートル。底に水がたまっているが、上下水道とも異状はなく、地下水が土を侵食して陥没した可能性があるという。3車線を通行止めにして重機で穴を埋める作業が続いている。けが人はいないという。

 鉄道・運輸機構によると、陥没が起きたのは、相鉄・東急直通線のトンネル工事現場付近の地表面。原因は調査中としている。

 現場近くのマンションに住む50代女性は午後4時半ごろ、買い物に行こうと家を出たところで陥没に気がついた。音などは聞こえなかったという。「10年くらい住んでいるけど、こんなことはなかったのでびっくりした。『もし穴に落ちたら』と思うと怖い」と話した。(林知聡、林瞬、黒田陸離)