[PR]

 7月1日にデビューする東海道新幹線の新型車両「N700S」が13日、東京―新大阪間を走り、車内の様子が報道関係者に公開された。JR東海はまず4編成を導入し、2022年度までに40編成に増やす予定だ。

 東海道新幹線では13年ぶりのフルモデルチェンジ車両。現在主力のN700Aに比べると、先頭車両の両側が角張ったデザインが特徴だ。Sは「最高の」を意味する英語「Supreme」から取った。

 全席にコンセントを備え、背もたれを傾けると連動して座面が沈み込む仕組みを採用。デッキには鍵付きの荷物置き場があり、喫煙ルームも設けた。

 客室の防犯カメラは1両2台から4~6台に増やし、緊急時は画像が指令所に送られる。営業運転の最高時速は285キロで、N700Aと変わらない。床下には新たにリチウムイオン電池を搭載し、停電しても自力で走れる。(一條優太)

年間の平均遅延54秒 進化の歴史

 東海道新幹線の車両は1964年のデビュー以来、速度、安全性ともに進化を続けている。

 東京―新大阪の開業は64年1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら