[PR]

 北九州市小倉北区の提灯(ちょうちん)職人が、経験したことのない寂しい夏を迎えようとしている。新型コロナウイルスの感染拡大が影を落とし、夏祭りは相次いで中止に。祭りを彩り、街を照らす提灯の注文は激減した。亡くなってちょうど1年になる母親への思いも重なる。

 JR西小倉駅前にある「柴田提灯店」。4代目店主の吉野督(ただし)さん(47)は12日夕、倉庫の整理をしていた。小倉祇園太鼓や戸畑祇園大山笠など、いつもなら7月にある市内の祭りに向けた作業で追い込みの時期だ。「仕事でカリカリしているはずなのに、不思議な感覚」。表情はさえない。

 子どもの頃から車が好きで、自…

この記事は有料会員記事です。残り373文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら