[PR]

 三菱重工業が、次期主力ロケット「H3」の、来春までの初打ち上げをめざしている。人工衛星などを運ぶビジネスとして自立させたい考えだが、海外のライバルは先を行く。勝機はあるのか。

拡大する写真・図版H3ロケットのイメージ図(JAXA・三菱重工業提供)

 5月21日未明、鹿児島県にある種子島宇宙センターから、先代にあたる「H2Bロケット」の9号機を打ち上げた。国際宇宙ステーションに食料や実験機器を運ぶ無人の補給船「こうのとり」を軌道に乗せ、打ち上げは成功した。

 2009年にデビューしたH2Bは、この9号機が最後の打ち上げ。公的な仕事が中心で、この間、海外や民間から一件も受注できなかった。ひと回り小さく、01年から運用している兄弟機「H2Aロケット」も、海外や民間からの受注は、わずか3件。年に15~25件とされる世界市場で存在感は薄い。

 一番の理由は価格だ。

 「H2A」の基本的なモデルの…

この記事は有料会員記事です。残り1273文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら