[PR]

 東京都は13日、新型コロナウイルスの感染者が新たに24人確認されたほか、70代男性1人が死亡したと発表した。都内での感染者数は累計で5497人、死者数は314人となった。

 感染者24人のうち、感染経路が不明な人は13人。年代別では20代が8人、30代が7人で、比較的若い世代での感染が目立つ。接待を伴う飲食店従業員の感染者は20代~30代の男性4人で、すべて新宿区だという。集団感染が明らかになっている武蔵野中央病院(小金井市)の患者4人も含まれ、同病院関連の感染者は計46人となった。

 都は11日、新型コロナ感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」を解除した。ただ11日以降、1日あたりの都内での感染者は3日連続で20人を上回っており、再び感染者数が増加する懸念がある。

【動画】東京都の休業要請解除の3段階のステップとは?