[PR]

 埼玉県和光市のマンション駐車場に止まっていた盗難車から5月10日に住所・職業不詳の岩渕和政さん(31)の遺体が見つかった事件で、県警は13日、無職五十嵐広大容疑者(23)=同県川越市清水町=と無職の男(19)=東京都台東区=を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。捜査に支障があるとして2人の認否は明らかにしていない。県警が今月3日、2人を詐欺の疑いで逮捕していた。

 県警などによると、2人は4月14日、和光市白子2丁目の駐車場に止めた軽自動車内に岩渕さんの遺体を遺棄した疑いがある。岩渕さんの交友関係などの捜査から浮上した。県警は五十嵐容疑者らが同じ詐欺グループのメンバーで、何らかのトラブルがあったとみて調べている。岩渕さんは大分県出身。昨年2月ごろに親族らに「埼玉の方で仕事をする」と告げて地元を離れていた。その後も周囲と連絡を取るなどしていたが、同日以降は連絡がつかなくなっていたという。

 軽自動車は同日未明に現場から数キロの東京都板橋区の会社駐車場から盗まれていた。周辺の防犯カメラには直前に2人に似た男らが駐車場に向かう様子が映っていた。遺体には刃物で刺されたような傷が腹などに複数あり、車内からは血のついた刃物も見つかった。