拡大する写真・図版埼玉スタジアムでの練習試合に出場した浦和の武藤(浦和レッズ提供)

[PR]

 サッカーJ1浦和は13日、埼玉スタジアムでJ2町田との練習試合を開催した。チーム関係者以外は入れない無観客の状態で、試合の合間にはボールやゴールポストを消毒。待機中の選手はマスクを着用するなど、7月4日のリーグ再開に向けた試合環境の「リハーサル」となった。

拡大する写真・図版控えの選手が座るベンチも間隔が空けられた(浦和レッズ提供)

 得点を決めた武藤は「ハグといった選手同士の喜びも制限されていて寂しさがあった。リーグ戦ではファンの皆さんと共有できるよう、カメラへのパフォーマンスをみんなで考えておきたい」。大槻監督は「公式戦もこの練習試合のような雰囲気になると思う。再開前に埼スタでできてよかった」と話した。

 試合は、ユーチューブで無料中継され、4万人以上が視聴した。結果は1―2で浦和が敗れた。

拡大する写真・図版試合前の集合写真も普段より距離をもって撮影された(浦和レッズ提供)