[PR]

 瀬戸内海の小豆島に、3代続くオリーブ農園(香川県小豆島町)がある。果実栽培から始まった小さな農園は通信販売を中心に売り上げを伸ばし、今では島有数の企業に成長した。3代目園主の井上智博さん(56)に話を聞いた。

 ――農園はどのように始まったのですか

 祖父の太子治(たすじ)(故人)が大工の傍ら、1940年にかんきつ類を植え始めたのが最初でした。オリーブも栽培していましたが、主力商品になったのは私の代に通信販売を始めてからです。

 ――農園を継ごうと思ったきっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら