[PR]

 昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本代表のWTB福岡堅樹(27、パナソニック)が、7人制での東京五輪への挑戦を断念することになった。日本ラグビー協会が13日、福岡の代表候補離脱を発表。関係者によると、かねて公言していた医学部への進学を優先するという。14日にオンラインで記者会見を開く。 

     ◇

 福岡堅樹は切り替えが早い。

 昨秋のW杯の2週間前に行われた南アフリカとの強化試合。前半4分に右ふくらはぎの肉離れで交代した。「集大成」と位置付けたW杯の開幕戦に出場することは絶望的となったが、心は乱れなかったという。

 「落ち込んで何もしない時間が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら