[PR]

 防げる子どもの死を見落としていないか――。子どもの死亡事例を全て集めて検証し、再発防止につなげる制度が今年度から滋賀県内で始まる。「チャイルド・デス・レビュー」(CDR、予防のための子どもの死亡検証)という制度だ。暮らしの中に思わぬリスクが潜むこともあり、制度の先進地・米国では死亡例を減らす成果が報告されている。

 おもちゃをのみ込んで亡くなった子どもがいるとする。死因は窒息死。では、なぜそうなったのか。

 これまでは、親のネグレクト(育児放棄)など虐待があれば警察や児童相談所が、幼稚園や保育園で起きた誤飲であれば行政の担当部局が、それぞれ個別に原因を調べてきた。しかし、どちらでもないケースには光が当たらず、全体の傾向もつかみにくかった。

 「家庭でのおもちゃの保管場所…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら