おもちゃ、添い寝…子どもの死亡原因は?再発防止へ検証

有料記事

新谷(しんや)千布美
[PR]

 防げる子どもの死を見落としていないか――。子どもの死亡事例を全て集めて検証し、再発防止につなげる制度が今年度から滋賀県内で始まる。「チャイルド・デス・レビュー」(CDR、予防のための子どもの死亡検証)という制度だ。暮らしの中に思わぬリスクが潜むこともあり、制度の先進地・米国では死亡例を減らす成果が報告されている。

 おもちゃをのみ込んで亡くなった子どもがいるとする。死因は窒息死。では、なぜそうなったのか。

 これまでは、親のネグレクト育児放棄)など虐待があれば警察や児童相談所が、幼稚園や保育園で起きた誤飲であれば行政の担当部局が、それぞれ個別に原因を調べてきた。しかし、どちらでもないケースには光が当たらず、全体の傾向もつかみにくかった。

 「家庭でのおもちゃの保管場…

この記事は有料記事です。残り1084文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。