[PR]

 児童6人が新型コロナウイルスに感染し、クラスター(感染者集団)が発生したとみられている北九州市立守恒小学校(小倉南区)について、厚生労働省のクラスター対策班が児童間の交流で感染が広がった可能性を指摘していることが、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、児童6人は同じクラスで一部は席が近く、一緒に下校したり遊んだりしていたことが判明。クラスター対策班は12日、市に調査の進捗(しんちょく)状況を報告した。市はこうした調査結果などをもとに、学校での感染防止対策をさらに検討するという。

 同校では5月28日に児童1人の陽性が判明した後、6月5日までに別の5人の感染が確認されていた。(布田一樹)