[PR]

 茨城県取手市のJR常磐線鉄橋に、ハヤブサの仲間・チョウゲンボウが集団営巣し、子育てに励んでいる。鉄骨の小さな穴から時折ヒナたちがかわいい顔をのぞかせ、愛鳥家らが巣立ちを見守っている。

 巣は、利根川をはさんで取手市と千葉県我孫子市を結ぶ鉄橋の地上30メートル近い高さにある小判型の作業用穴を利用している。取手側の7カ所で営巣し、一つの巣で3羽程度のヒナが成長しており、すでに4カ所で巣立ったという。

 チョウゲンボウは切り立った天然の崖に営巣するが、近年は人工物も使って巣を作っている。

 取手市の市民グループ「とりで…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら