[PR]

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が39県で解除されて1カ月。全国有数の歓楽街・福岡市の中洲もクラブやスナックが営業を次々と再開している。感染防止が求められる中、コロナ時代の接客業の対策とは。

 中洲地区の一角にある会員制クラブ「オマージュ」。女性たちが飛沫(ひまつ)を防ぐ透明のマウスシールドを口元に着用して接客にあたっている。橋本あみさんは「お客さまの顔がよく見えるし、意外と邪魔になりませんよ」。

 約2カ月の自粛期間を終え、6月4日から営業を再開した。ただ、「接待を伴う飲食店」は感染リスクが高いとの指摘もあり、対策に懸命だ。

 客には手指の消毒と検温を求め…

この記事は有料会員記事です。残り285文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り285文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り285文字有料会員になると続きをお読みいただけます。