[PR]

 中日―DeNAの練習試合(ナゴヤドーム)で、プロ野球では珍しい「ライトゴロ」が生まれた。

 中日は二回2死一、二塁の好機で、先発投手の梅津が打席へ。「球数を投げさせたい」と粘った。7球目。DeNA先発の右腕、平良の外角低めの直球を鮮やかに右前へはじき返した。

 しかし、前進守備の右翼手、乙坂が素早く一塁へ送球。ショートバウンドをロペスがさばき、惜しくもアウトになった。笑顔の乙坂に対し、悔しそうに顔をしかめた梅津は、「安打性の打球を打てたのは良かったと思いますが、しっかり走っておけばよかった」。ライトゴロは小学生の時以来のことだという。「食らいついて、何とか打てたんですけど、恥ずかしい」

 マウンドでは、二回にロペスに一発を浴びた直後から、5者連続三振を奪うなど、5回1失点の好投だった。プロ2年目で開幕ローテーション入りを確実にした。「1年間しっかり投げたい。シーズンでも、チャンスの場面でしっかり打ちたい」