アオウミガメ6万匹、産卵で集合 豪州のドローンで把握

有料会員記事

シドニー=小暮哲夫
【動画】アオウミガメ6万匹 世界最大の繁殖地をドローン撮影(グレートバリアリーフ基金と豪クイーンズランド州提供)
[PR]

 産卵のために小島の周りに集まるカメの数は――。世界最大のアオウミガメの繁殖地として知られるオーストラリア北東部のレイン島で、ドローンで上空から撮影した映像による調査が行われた。その結果、島に集まるカメは6万4千匹に及ぶことが確認された。

 撮影は昨年12月に研究者らが行い、豪クイーンズランド州がこのほど結果を発表した。砂浜で産卵するスペースには限りがあるため、6万匹以上が島の周りの海で産卵の順番待ちをしていた。

 レイン島は豪北東部ケアンズから北西に620キロに位置する21ヘクタールの島で、世界自然遺産のサンゴ礁群、グレートバリアリーフ区域にある。

 アオウミガメは、国際自然保…

この記事は有料会員記事です。残り198文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら