[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、埋め立て工事に関わる警備員を乗せた船が14日夕、工事現場近くの浅瀬で座礁した。第11管区海上保安本部によると、乗っていた14人は全員救助され、うち5人が首を捻挫するなどの軽いけがを負った。

 11管によると、座礁したのは沖縄本島北部の金武(きん)町の港から工事現場へ警備員12人を運んでいた11トンのボート。14日午後5時半ごろ、「大浦湾沖で、船が浅瀬に座礁している」と警備保障会社から118番通報があった。付近に微量の油漏れがあったが、吸着マットなどで回収したという。海保は座礁原因を調べている。

 政府が進める辺野古の海の埋め立て工事は、12日に再開したばかりだった。