[PR]

 日本航空は7月1日から、羽田空港の国内線のチェックインカウンターや保安検査場を全面的に再開させる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で一部を閉じていたが、緊急事態宣言の解除で6月になってビジネス客らの利用が増えていることが理由だ。

 日本航空は4月17日から、国内線向けの第1ターミナルの四つの保安検査場のうち二つを閉鎖し、チェックインカウンターも縮小していた。日航によると、今月19日から都道府県をまたぐ移動自粛が緩和され、利用者がさらに増えると見込まれるため再開を決めたという。感染拡大を防ぐため隣り合う座席の販売をやめていたが、7月からは元に戻す。

 一方、全日空は、第2ターミナルの国内線で二つの保安検査場やチェックインカウンターを閉鎖しているが、再開のめどはたっていないという。3月末に新設した第2ターミナルの国際線の保安検査場も閉鎖が続いている。(贄川俊