徳島)牟岐の「千年サンゴ」、サポーター募集

吉田博行
[PR]

 徳島県牟岐町沖に生息する巨大なコブハマサンゴ「千年サンゴ」の保全活動に取り組む「千年サンゴと活(い)きるまちづくり協議会」は、今年度のサポーター会員を募集している。年会費(個人1口千円、法人1口3千円)を集め、食害を引き起こすオニヒトデの駆除活動などに充てる。

 牟岐大島内湾にある千年サンゴは高さ約9メートル、周囲約30メートル。1千年以上成長を続けているとされる。地元住民や団体、県などでつくる協議会は2012年度から、サンゴを食べるオニヒトデの駆除やサンゴのPR費などを募るために会員を募集しており、昨年度は約300人から協力を得た。

 今年度の会員には、千年サンゴの写真を載せた特製クリアファイルと会員証を贈る。申し込みは牟岐町役場産業課(0884・72・3419)か、県南部総合県民局保健福祉環境部(0884・28・9858)。(吉田博行)