[PR]

 韓流ドラマブームが再燃している。牽引(けんいん)するのは、ネットフリックスで配信中の「愛の不時着」と「梨泰院(イテウォン)クラス」。日本だけでなく、中東や東南アジアでも大人気だ。なぜこんなに勢いがあるのか。

拡大する写真・図版ネットフリックスで独占配信中の「愛の不時着」(ネットフリックス提供)

 「自粛生活の唯一の彩り」「もう見るのは5回目」。ツイッターには連日、両作品への賛辞が並ぶ。あの黒柳徹子さんも「面白いわね。全話一気に見ました」とインスタグラムでコメントした。

 「愛の不時着」は、韓国の財閥令嬢がパラグライダーの事故で北朝鮮に不時着。出会った北朝鮮軍の将校と恋に落ちる物語だ。「財閥」「親との確執」など韓流ドラマならではの設定がちりばめられ、韓流ブームの先駆けとなったドラマ「冬のソナタ」(2002年)の出演者も登場。王道の恋愛ストーリーを笑いとペーソスでもり立てる。

 「梨泰院クラス」は、ある親子…

この記事は有料会員記事です。残り2037文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2037文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2037文字有料会員になると続きをお読みいただけます。