[PR]

 1945年に若者だった人たちへ、戦後70年がたった2015年の若者たちから手紙を送る――。そんな企画が話題を呼んだ本の著者らが、再び「若者からの手紙」を集めている。新型コロナ禍で、戦後75年の催事の中止や縮小が続く中、手紙を書くことを通じて、戦争体験者と向き合う機会にしてもらいたいという。

     ◇

 15年夏に出た「若者から若者への手紙 1945←2015」(ころから)は、1945年8月15日に9~25歳だった戦争体験者15人の証言と、2015年に16~28歳の15人が感想を記した手紙とで構成される。

 著者は、フリーで活動する編集…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら