[PR]

 東京五輪の新競技・スポーツクライミングの種目の一つ「ボルダリング」が楽しめる施設「エムズケイブトランク」が5日、鳥取市湖山町東2丁目にオープンした。初日は初心者から県の強化選手まで多くの利用者でにぎわった。

 県東部で初のボルダリング専用施設。気軽に楽しんでほしいと農機具の倉庫を改修し、約120平方メートルのスペースに人工壁を整備した。壁の高さは最大4メートル、最大傾斜155度で、幼児専用の壁もある。県山岳・スポーツクライミング協会員で施設のオーナーの松本敏宏さん(50)は「初めての人や女性にも来てほしい」と話す。

 鳥取大のサークルでクライミングをしている酒本将希さん(20)は「広いし、壁も高くて楽しい。週2回くらい来たい」と話した。

 営業時間は午後2時から10時…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら