[PR]

 「お父さんと同じ空気を吸うのもしんどいの。ごめんね」。高校受験まで1年を切っていた2002年の春、中学3年生だった池田友梨さん(33)=岐阜県可児市=は、母親からそう告げられた。

 中学校の同級生同士でくっついた両親が離婚するんじゃないか、ということは薄々感じていた。数年前から夫婦の会話が少なくなり、家の雰囲気もピリピリしていたから。

 8月に父が家を出て行くとき、弟も含めて家族4人で話をしたが、どこでどんなことを話したか覚えていない。ただただ、暑い夏の日だったということ以外は。

 高校に入ると、クラスメートに父子家庭で育った子がいた。入学式の時につらい思いをしたことや、仮面夫婦でもいいから一緒にいてほしかった、といった思いを語り合った。

怒りにまかせて言ったこと

 これまで両親から注がれてきた愛情が50+50で100だったとしたら、母一人になったことで120になっている。愛情とわかっていても重かった。

 「片親だからって後ろ指をさされないよう、まっとうに育てるから」。そう話す母を責めることはできなかった。

 放課後、友だちとマクドナルドに集まって、たわいのない話を2~3時間するのが楽しくて仕方なかった。帰りが遅くなったことを母にとがめられた際、怒りにまかせて言ってしまった。

 「お父さんも悪かったけど、お…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら