大津地裁で2018年に裁判のやり直し(再審)を開始する決定が出た「日野町事件」で、強盗殺人罪で服役中に75歳で亡くなった阪原弘・元被告の弁護団の主任弁護人の玉木昌美弁護士が9日病死した。64歳だった。無実を信じて約30年間、弁護を続けていた。

 所属した滋賀第一法律事務所によると、玉木さんは岐阜県出身。京大卒業後、1983年に滋賀県で弁護士登録し、98年には弁護士会長も務めた。葬儀は家族と事務所関係者で営んだ。

 日野町で84年12月に酒店経営の女性(当時69)が殺害された事件では、第一審が始まった90年ごろから弁護人となった。2001年からの再審請求では、裁判所に対しての代表となる主任弁護人を務めていた。

 元被告の長男弘次さん(59)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら