[PR]

 佐賀空港への陸上自衛隊オスプレイ配備計画をめぐる対応について、佐賀市の秀島敏行市長は15日の市議会定例会の一般質問で、「県におもねることなく」などと述べ、オスプレイを配備したい山口祥義知事の方針には安易に追従しない考えを示した。

 中山重俊議員(共産)が、山口知事が先月28日の記者会見で、県有明海漁協の徳永重昭組合長に向け、「一定の整理をつけてほしい」などと発言をしたことなどを取り上げ、秀島市長の見解を求めた。

 秀島市長は、県が漁協と結んだ公害防止協定の覚書付属資料に記した、自衛隊との空港共用を否定する一文について「歴代の知事が自衛隊との共用は『しない、させない、あり得ない』とまで言い、漁業者が『口約束では信用できない』ということで加えられた重い約束だ」と指摘。「漁業者からすれば、あのときの約束は何だったのかという不信感でいっぱいだと思う」と述べた。

 山口知事に対しては「漁協の役…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース