[PR]

 カウンター越しにビールを注文し、知らない人とも交われる英国伝統のパブが逆境にさらされている。新型コロナウイルスの感染抑止策として政府が義務づける「2メートル間隔」のルールを守れば、親密さが売りのパブ文化が損なわれ、採算の面からも営業が厳しくなるからだ。(ロンドン=下司佳代子)

 「営業を再開すれば、収入よりコストの方がはるかに大きくなる。いつタオルを投げ(降参し)なければいけなくなるか、というところだ」

 英南部プリマスのパブ「ブルック・イン」のオーナー、ジョン・ゴービアーさんはため息をつく。

拡大する写真・図版英南部プリマスのパブ「ブルック・イン」オーナーのジョン・ゴービアーさん(本人提供)

 6年前に始めた店は最大225人を収容できる。だが、客同士が2メートル間隔を保つためにカウンターでの立ち飲みを禁止し、テーブルの間を行き来する従業員と客との距離を考えテーブル同士を4メートル間隔にすると、一度に入れる客は16~40人程度にまで減る計算だ。

 「収入は減るのにゴミ収集や水道、ガス、電気代と、負担は一気に戻ってくる。こんな状況でやっていくのは、まるで曲芸だ」

 常連客は店の再開を待ち望むが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら