[PR]

 厚生労働省は16日、新型コロナウイルスの感染を調べる抗原検査のガイドラインを変更し、陰性だった場合に確定診断のため求めてきたPCR検査を不要とし、抗原検査だけで確定診断とすることにした。発熱やせきなどの症状が出てから2~9日目の患者が対象となる。

 抗原検査は、鼻の奥に綿棒を入れてぬぐった液に、ウイルスに特有のたんぱく質「抗原」があるかどうかを検査キットで調べる。

 厚労省によると、川崎市健康安全研究所や東邦大医療センター大森病院、自衛隊中央病院などの研究で、発症から2~9日の患者ではウイルス量が多く、抗原検査とPCR検査の結果が一致する率が高いことがわかった。10日目以降の場合はこれまでと同様に、陰性と出た場合はPCR検査が必要となる。無症状の場合は、抗原検査は使えない。16日に有識者の検討会でガイドラインを変更し、抗原検査キットの添付文書も改訂する。

 厚労省によると、陰性と出た場…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら