喜びや葛藤も 部活動再開で高3それぞれの思い

有料会員記事

高岡佐也子、辻隆徳、内田快
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で夏の全国高校総体(インターハイ)が中止になり、高校3年生は今、部活動とどのように向き合っているのか。緊急事態宣言の特定警戒都道府県だった大阪府の高校で15日、本格的に部活動が再開した。喜びや葛藤、決断……。それぞれの思いが、垣間見えた。

     ◇

 大阪市立桜宮高ボート部は練習場に2、3年生の部員27人が集合した。部室に5人以上入らないことや手の消毒、マスクの着用など感染防止対策を講じた上で、活動を再開。ミーティングとボートの調整をしただけだったが、再始動を喜んだ。

 「うわー、懐かしい」。薄く…

この記事は有料会員記事です。残り1175文字有料会員になると続きをお読みいただけます。