[PR]

 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを大分県内の住民4人が求めた仮処分申し立てで、住民側は、福岡高裁で係争中の即時抗告を取り下げた。取り下げ書を15日に送り、福岡高裁が16日に受理した。

 大分の仮処分は2016年、住民4人が大分地裁に申し立てた。大分地裁は18年9月、阿蘇山(熊本県)の噴火リスクなどについて「具体的な危険は存在しない」として、申し立てを却下したため、住民側が18年10月、福岡高裁に即時抗告していた。

 伊方原発を巡っては今年1月、山口県内の住民が差し止めを求めた仮処分申し立てで広島高裁が運転禁止を決定しており、福岡高裁で即時抗告が却下された場合の悪影響を避ける必要があると判断したという。

 伊方原発3号機は現在、運転停…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら