[PR]

 しゃぶしゃぶ店などを運営する「木曽路」(名古屋市)は16日、全社員約1300人に対し、1人あたり3万円の「特別慰労金」を支給すると発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、新たに始めた持ち帰り販売や、デリバリー対応などにあたったことへの一時金。担当者は「新型コロナの影響が長期化するなか、社員の日々の奮闘に応えるためだ」と話す。