【動画】大型客船「飛鳥Ⅱ」から黒煙 横浜に停泊中=熊倉隆広、林瞬撮影
[PR]

 16日午後1時25分ごろ、横浜市中区の大さん橋に停泊中の大型客船「飛鳥Ⅱ」から「デッキでぼやが起こり、乗組員が消火している」と横浜海上保安部に通報があった。

 神奈川県警横浜水上署や横浜市消防局によると、船の上部から黒煙が上がっている。乗客はおらず、けが人の情報はないという。

 横浜港大さん橋国際客船ターミナルによると、飛鳥Ⅱは4月1日から停泊中。

 飛鳥Ⅱを所有する郵船クルーズ(横浜市)などによると、火災は最上階(12階)のじゅうたんなどが置いてある資材庫で起きた。乗客はおらず、乗組員153人にけがはないという。

 飛鳥Ⅱは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定していたクルーズがとりやめになり、大さん橋で停泊を続けていた。

 日本船籍では最大の客船で全長約240メートル、約5万トン。乗客定員は約870人。