[PR]

 武蔵野中央病院(東京都小金井市)は16日、新たに入院患者13人と職員2人の計15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。これで同病院での感染者は計54人(患者が42人、職員は12人)となった。

 同病院によると、すべての患者と職員にPCR検査を実施。その後、発熱などの症状が出た人に再検査を実施し、陽性が確認された。感染した患者は、専門病院に転院して治療を受けている。

 新たに感染が確認された患者13人のうち、4人は感染が集中していた精神科閉鎖病棟の患者で、9人は隣の病棟の患者だった。