[PR]

 日本鉄鋼連盟の橋本英二会長(日本製鉄社長)は16日、東京都内で記者会見し、鉄鋼業界の今後について、「さらなる再編で答えが出るとは思わない」と述べた。自動車向けをはじめ国内の鉄鋼需要が落ち込む中、まずは各社が生産の余剰能力を削減する必要があるとの考えを示した。

中国勢台頭のうえにコロナ禍

 中国メーカーの台頭という構造問題に新型コロナウイルスの感染拡大が重なり、国内の鉄鋼需要は大幅に落ち込んでいる。4月の国内の粗鋼生産量は前年同期より24%少ない658万トンだった。一方で、感染拡大がおさまった中国では、5月の粗鋼生産量は9227万トンとケタ違いだ。この影響で原料の鉄鉱石価格は高止まりしている。

 橋本会長は、「最大の脅威は中…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら