トヨタ九州が電動キックボード導入 広い工場も楽に移動

有料会員記事

北川慧一
[PR]

 トヨタ自動車九州は16日、本社を置く宮田工場(福岡県宮若市)に電動キックボードを8月末までに110台導入すると発表した。東京ドーム約24個分(約113ヘクタール)の広大な敷地を有する工場内での移動の効率化を図る。

 宮田工場は、高級車ブランド「レクサス」の世界販売台数の半数以上の生産を担っている。これまで徒歩や構内バス、自転車で工場内を行き来していたが、移動手段に課題があった。

 電動キックボードのシェアリングサービスを提供するベンチャー企業、モビーライド(福岡市)から導入する。電動キックボードはハンドルを備え、車輪が付いた板に立ち乗りする乗り物で、片足で地面を蹴って走り出し、安定したらハンドル部のレバーで加速・減速できる。公道では法律上、原動機付き自転車として扱われ、宮田工場内では講習を受けて登録した従業員のみが利用できる。

 将来的には、工場内の業務用…

この記事は有料会員記事です。残り340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら