【動画】トヨタが新型「ハリアー」発売 夏には北米進出狙う=古沢孝樹撮影
[PR]

 トヨタ自動車は17日、SUV(スポーツ多目的車)の新型「ハリアー」を発売した。7年ぶりの全面改良となる。ハリアーはこれまでほぼ日本国内だけでの販売だったが、SUVは世界的に人気が高まっており、夏には北米でも車名を「ヴェンザ」にして売り出す。

 ハリアーは、洗練されたデザインの「都市型SUV」として1997年に初代が発売され、日本国内でこれまで累計67万2千台を販売した。4代目となる新型は、クーペのような流れのあるデザインが特徴で「これでSUVとよべるのかという、ぎりぎりを狙った」(開発担当者)という。

 量販(G)グレードから、走行中の前後方向を録画する「デジタルインナーミラー」を標準装備。上級(Z)グレードでは、調光ガラスを使った電動シェード付きの天井窓もつけられる。価格は、消費税込み299万円~504万円。月間3100台の販売を目標にしている。

 トヨタは5月、「ネッツ」「カ…

この記事は有料会員記事です。残り339文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。