[PR]

 自民党の二階俊博幹事長と麻生太郎副総理兼財務相は16日夜、東京・赤坂の日本料理店で会食した。それぞれ会長を務める二階派、麻生派の幹部も同席。次期総裁選をにらみ、党内情勢や今後の政権運営などについて意見をかわしたとみられる。

 会食には二階派の林幹雄幹事長代理、麻生派の鈴木俊一総務会長らも同席した。関係者によると、二階氏の呼びかけで会食は実現したという。出席者の一人は会食後、「党を活発化させようということで一致した」と語った。二階派、麻生派とも有力な「ポスト安倍」候補を派内に抱えていないことから、次期総裁選に向けた動向に注目が集まっている。