[PR]

 歌人の石川啄木が新聞記者だったことはご存じだろうか。1908(明治41)年、北海道東部の釧路には76日間だけ滞在し、釧路新聞(現在の北海道新聞社の前身のひとつ)に書いていた。110年以上たち、新聞は紙からデジタルへと移ろうとしているが、真実を求める目的は変わらない。啄木はどんな記者だったのか。日露戦争後の当時を振り返り、記事を検証する。啄木先輩を査定してみた。

北海道・釧路で過ごした76日間

拡大する写真・図版石川啄木

 啄木は08年1月21日午後9時過ぎ、釧路新聞の白石義郎社長とともに釧路駅に到着した。釧路町(当時)の人口は約1万8千人。現在の釧路市の10分の1強だった。

 さいはての駅に下り立ち

 雪あかり

 さびしき町にあゆみ入りにき

 21歳だった啄木は釧路入りした時の様子をこう詠(うた)った。

 町には活気があったようだ。後に釧路市の基幹産業となる漁業、石炭鉱業、製紙業は操業していた。00年に釧路町が誕生、07年に函館から釧路までの鉄道が開通、釧路港は築港工事予算の帝国議会通過を控えていたころだ。

 啄木は岩手県生まれ。北海道では函館、札幌、小樽で小学校の代用教員や新聞記者などを務めた。小樽日報(当時)の記者だった時、無断欠勤し、事務長に殴られ退社した。釧路新聞社長も兼ねていた白石社長に腕を見込まれ、妻と幼子を小樽に残して釧路に単身赴任した。

 啄木は入社に際し、白石社長に意見書を提出した。釧路新聞の編集スタッフの人事や給料に口を出すとともに、「初めに小生に総編集をやらして貰(もら)いたし」と書いた。相当な自信家であることがうかがえる。

 日本では文明開化とともに新聞の創刊が全国で相次ぎ、朝日新聞社は1879年に誕生した。94年の日清戦争、1904年の日露戦争の開戦とともに発行部数を伸ばした。

 釧路新聞は02年に創刊された。発行部数は管内トップの1千数百部とされる。4面仕立ての6段組みで、1行19字。写真はない。朝日新聞などには北海道版はなく、地元住民には親しまれたようだ。社屋はれんが造りの2階建てで、道東唯一の洋風だったとされる。啄木は近くの8畳1間の下宿から通った。

拡大する写真・図版当時の釧路新聞社屋を復元した港文館=北海道釧路市大町2丁目

「ろくな記者いない」ライバル紙をチクリ

 赴任から3日後の日記に「北東新報と云(い)ふ普通の四頁(ページ)新聞が此(この)正月出来た。碌(ろく)な記者も居ぬけれど、兎(と)に角好敵手たるを失はぬ。社では先(ま)づ此敵と戦ひつつ、順次拡張の実をあげねばならぬ」と書いた。「碌な記者も居ぬ」とはひどいが、ライバル紙を相手に張り切っていたことがわかる。

 夏目漱石が朝日新聞に小説「坑夫」を連載していたころである。

 編集スタッフは4人いた。当時は役所や警察などを回って取材する「探訪員」と、記事にまとめる格上の「記者」は別だった。啄木は記者だった。

拡大する写真・図版啄木の写真や短歌集の初版本などが展示されている港文館=北海道釧路市大町2丁目

 釧路の冬は日が暮れるのが早い。零下20度を下回る日が続くほど寒く、インクが凍るほどだった。家庭に電気はなくランプが頼りだったため、午後4時には編集作業を締めきったようだ。

啄木記者はどんな記事を書いていたのか。その仕事ぶりが明らかになります。歌人の本領発揮なのか、偽名で自作を掲載したこともあったようです。

 当時の釧路新聞は釧路市中央図…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。