[PR]

 北海道のオホーツク地方の山間部で、クリンソウが見ごろだ。日に日に緑が深まる木々を背景に、かれんな赤紫色の花が初夏の風に揺れている。

 谷間など湿った環境を好む多年草。茎1本に何段もの花を円状につけ、仏塔の「九輪(くりん)」に似ていることから名前がついたとされる。北海道レッドリストで、絶滅の危機が増大している「絶滅危急種」になっている。「繁殖能力を上回る採取圧にさらされている」とされる。

 花言葉は「幸福を重ねる」。何段にも重なる直径2センチほどの花の輪が、花言葉の由来を連想させる。7月上旬まで見られる。(神村正史)

関連ニュース