[PR]

 北朝鮮が16日、同国の開城(ケソン)に設けられた南北共同連絡事務所を爆破した。2018年に南北首脳が合意した「板門店宣言」を受けてつくられた当局者間の協議のための施設だが、3日前に「爆破」が予告されていた。宣告したのは金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹、金与正(キムヨジョン)氏だ。

 与正氏は党第1副部長であり、正恩氏の最側近。過去、重要な外交の舞台などに正恩氏の代わりとして参加するなどし、圧倒的な存在感を示してきた。

 北朝鮮の公式メディアで初めて名前が伝えられたのは2014年3月。ただ、父親の金正日(キムジョンイル)総書記が死去した11年12月以降、北朝鮮国内ではたびたび写真や映像が報じられていた。

 平昌冬季五輪が行われた18年2月には、北朝鮮最高指導者の直系血族として初めて訪韓。文在寅(ムンジェイン)大統領と会談し「早い時期に面会する用意がある。都合の良い時期に訪朝してほしい」とする正恩氏の考えを口頭で伝えた。

 その年の4月、板門店で南北首…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら